初心者のためのXOOPSマニュアル
http://xoops-manual.net
XOOPS Analyzer ▲▲セスログ・解析の見方
カテゴリ : モジュールの使い方
投稿者: Panacee 掲載日: 2006/6/17


続いて、表示を見ていきましょう。
ここが、アクセスログを見ていくところです。


↓表示をクリックすると、その日の時系列でのアクセスログが表示されます。


※注
ユニークアクセス
これが、頭数です。何人の人が見に来たか?を表示しています。
ただし、(赤字)は、ロボット数になりますから、実数は、赤字を引いた数になります。
また、ロボットなのにロボット数に含まれていない場合もありますから、
だいたいの数字で絶対値ではないです。

トータルアクセス
見られたページ数です。1人の方が、複数ページ見た合計です。
ここも、(赤字)はロボットの読み取り数です。

仝〆キーワード
その日に、どんなキーワードで検索されてページに来たかがわかります。


▲曠好
プロバイダーやホストがわかります。

例)
co.jp は、法人からのアクセスです。
ac.jp は、大学のような団体です。
ne.jp は、だいたいプロバイダーです。
       個人の方のプロバイダーが表示されています。
.com は、ほとんど検索系のロボットです。
other は、他のプロバイダーやIP、スパム先とかです。

ログ表示
細かいアクセスログになります。

時系列で、アクセスがわかります。

↓のように、検索結果URLをコピーして、別ブラウザを立ち上げ、
アドレスをコピーして検索結果ページを見にいくことで、
どんな検索キーワードで、何位ぐらいに表示されているのかがわかります。


↓検索結果URLを別ブラウザで確認してみた結果


て別一覧
日ごとの一覧です。
ロボット数は、含まれて表示されています。
保存期間は、30日〜90日で設定しています。


アクセス解析を日々見ることで、自分たちのターゲットとする人が見に来ているかどうか、
しっかり確認しましょう。
また、検索からのログが少ない場合は、コンテンツの充実を図るようにしましょう。
Notice [PHP]: Object of class SmartsectionCategory could not be converted to int in file modules/smartsection/class/item.php line 177