初心者のためのXOOPSマニュアル(当サイトは、XOOPS2.016aについての情報なので古いです。ご利用は自己責任で。)
MENU
 
お知らせ
 
運営者ブログ
ぱなぶろ
 
運営者
パナセ 折田知子
〒700-0951
岡山市北区田中167-107
TEL:086-250-1348
運営者にメールを送る


ユーザ名:

パスワード:


 
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
XOOPS2系マニュアル
> モジュールの使い方 > smartsection 非公開→公開、記事編集・削除の仕方
smartsection 非公開→公開、記事編集・削除の仕方
投稿者: Panacee 掲載日: 2006/6/23 (13013 回閲覧)

smartsection 非公開→公開、記事編集・削除の仕方です。



非公開記事を編集し、公開するやり方です。
Smartsectioinモジュールをクリックすると、インデックスページになり、
そこに、「登録記事一覧リスト」が並んでいます。
非公開記事が最新IDの記事であるなら1番上にあるので、
そこからをクリックすれば編集できます。

記事がたくさんあって、非公開記事がすぐ探せない場合は、
Smartsectionモジュール → 記事 をクリック

↓「記事」をクリックした画面


記事管理画面に、「公開中の記事」がずらっーと並んでます。
画面下までマウスで下げてもいいのですが、
「公開中の記事」の前に「−(マイナス)」のアイコンがありますよね。
ここをクリックしてみましょう。
なんと、公開中の記事がすちゃっと折りたたまれ、
下にある「非公開の記事」がすぐ見えるようになります。(べんり〜♪)



非公開記事の1番右にある「編集」アイコンをクリック
記事の編集画面になります。
記事や他の場所を編集したら
非公開にしていたところを「公開中」に選択しなおしましょう。



そして、「変更」をクリックすれば、非公開記事が公開されます。


公開中の記事は、Smartsectionモジュールをクリックすると表示されている
「公開中の記事一覧」の各記事のアイコンをクリックして、
編集 → 作成 を行うことで、編集できます。

その記事を削除するときは、アイコンをクリックすると削除できます。

は、その記事を複製して、新しい記事を書くときに使います。
記事の複製は、一般設定で「[権限] 記事の複製を許可しますか」を「はい」にしておく必要があります。

  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信
このカテゴリの記事 掲載日 ヒット
Protector2.57 画面真っ白で見れなくなった場合
2007/3/3
16931
バナー管理の使い方2
2007/1/23
20143
バナー管理の使い方1〜アフィリエイトバナーを使おう!〜
2007/1/23
24746
Smartfaq 〜新規投稿・編集・削除の仕方〜 (管理画面より)
2006/9/12
12514
smartsection 非公開→公開、記事編集・削除の仕方
2006/6/23
13014
smartsection 新規記事投稿の仕方
2006/6/19
17020
XOOPS Analyzer ▲▲セスログ・解析の見方
2006/6/17
25250
XOOPS Analyzer ー分のアクセスを無視する設定
2006/6/17
15727
画像アップ(myalbumをイメージマネージャーとして使用の場合)
2006/6/6
23981
XOOPS独自投稿画面の使い方
2006/5/26
15994
リンク集(mylinks)の追加・編集の仕方
2006/3/30
21723
バックアップの仕方(BACKUP&BackPackモジュール)
2005/9/9
35594
WEBLOG 記事の編集・削除の仕方
2005/9/9
14810
ニュース(News)3−記事の編集・削除
2005/8/27
9724
ニュース(News)2−新規記事の投稿
2005/8/27
17764
ニュース(News)1−トピックの追加、編集、削除
2005/8/27
13503


トップへ戻る
サイト内検索
 
 
スポンサードリンク
 
XOOPS制作会社検索 - COOPS(コープス) パナセオフィシャル
Notice [PHP]: Only variable references should be returned by reference in file class/module.textsanitizer.php line 311