初心者のためのXOOPSマニュアル(当サイトは、XOOPS2.016aについての情報なので古いです。ご利用は自己責任で。)
MENU
 
お知らせ
 
運営者ブログ
ぱなぶろ
 
運営者
パナセ 折田知子
〒700-0951
岡山市北区田中167-107
TEL:086-250-1348
運営者にメールを送る


ユーザ名:

パスワード:


 
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
XOOPS2系マニュアル
> 管理人コラム > XOOPSサイト構築の流れ1 〜基本設定編〜
XOOPSサイト構築の流れ1 〜基本設定編〜
投稿者: Panacee 掲載日: 2006/7/11 (55952 回閲覧)

初心者向け、XOOPSサイト構築の流れです。

XOOPSは、色んなところをさわっていかなきゃならず・・・
初心者にとって、簡単なものではありません。
30サイト以上つくった私でさへ、毎度毎度、「あっあれ忘れ取った。」ということが多々あります。
初めての方は、ちんぷんかんぷんだと思うので、構築の流れを書いておきます。


1.サーバーでデーターベースを準備。

この時、表示されるデータベース名とかは印刷しときましょう。
その印刷したものに、パスワードを記載しておきましょう。
↓これはロリポップ管理画面



2.サーバー上にFTPを使って、XOOPSコアをUP!

この時、htmlのフォルダを開いて、中のものを全部選択してUPする。
UPしたcache、uploads、templates_c フォルダの属性を777に変更。
mainfile.phpの属性を666に変更しておく。


3.インストールしたURLにアクセスして、XOOPSをインストール。

この時、設定したデータベースの情報が必要になります。



4.「次へ」をすすめていくと、インストールが完了します。

最後の方で、管理者名とメールアドレス、パスワード記入欄がでてきます。
これもちゃんとメモっておきましょう。


5.早速、管理者でログイン。

「初めて管理画面を開きます」というメッセージがでます。
管理画面にログインすると、赤くメッセージがでます。
ドキっとするでしょうが、大丈夫!
サーバーに繋いで、installフォルダを削除し、mainfile.phpの属性を644に戻して下さい。
これで再度読み込みすると、無事管理画面にログインできます。


6.管理者画面に入り、基本設定。

1)システム→一般設定→一般設定にて、サイト名を変更し、タイムゾーンを変更して下さい。
テーマカスタマイズをする場合は、
「themes/ ディレクトリからの自動アップデートを有効にする」を「はい」にチェック。
とりあえず、これで「送信」

2)システム→ユーザ管理にて、
今登録した管理者名の「ユーザの編集」「送信」をクリックし、タイムゾーンを変更。

3)システム→一般設定→ユーザ情報設定にて、
ユーザ登録を許可するか否かの設定をして下さい。
製作中は、ユーザ登録してもらう必要がないので、「いいえ」にすることをおすすめします。
※XOOPSを知ってる人が、勝手に登録してくることもあるからです。
※ここでユーザ登録許可を「いいえ」にしていても、管理画面からユーザ登録はできます。

4)システム→一般設定→METAタグ/フッタ設定にて、
サイトのキーワード、Description(サイトの内容説明文)、コピーライト、フッタを変更。
※管理画面でフッタを設定しても、テーマによって反映されない場合があります。
選んだテーマのtheme.htmlにフッタ部分が直書きされていることもあるからです。
管理画面で設定したフッタをテーマに反映させたい場合は、
theme.htmlの任意の場所に <{$xoops_footer}> というタグを入れると反映されます。


7.モジュールをインストールする。

システム→モジュール管理より、使いたいモジュールをインストールしましょう。
ここにないモジュールは、サーバー上にUPされていません。
サーバーに接続し、modulesフォルダに必要なモジュールをUPしてから、
再度管理画面よりXOOPS内にインストールして下さい。


8.テンプレートを複製。

1)一通りモジュールをインストールしたら、
システム→テンプレートマネージャーにて、モジュールテンプレートの複製を作ります。

2)テンプレートが複製されたら、そのテンプレートを使う設定を、
システム→一般設定→一般設定の「デフォルトのテンプレート・セット」にて
複製したテンプレート名を選択し、「送信」をクリック。
これで、テンプレートもカスタマイズできるようになります。


9.各モジュールの一般設定を行う。

イベント通知機能とかコメント機能とか必要ない場合は、OFFにしましょう。


10.テスト投稿しましょう。

各モジュールがどのように表現されるのかを知るために、各モジュールにテスト投稿しましょう。
モジュールによっては、投稿がまったくないとブロック表示されないものもあります。


11.ブロック設定で、表示のレイアウトを決めましょう。

各モジュールには、色々なブロックが付属してます。
各ブロックがどんなブロックなのか、最初はわかりませんよね。
私の場合。全部のブロック表示をONにして、どんなブロックなのか確かめました。
XOOPS初心者の場合は、1度全部のブロックをONにして確認してみましょう。

システム→ブロック管理にて、ブロック内容が分かった後、
自分のサイトに必要なブロックだけを選び、ブロック設定でレイアウトしましょう。
まずは、トップページのレイアウトを決めていきましょう。

管理画面の基本設定をし、使いたいモジュールをインストールし、
モジュールのブロックを確認し、表示したいブロックを適当にレイアウトしたら、
続いて、テーマの選択、そしてカスタマイズに入ります。

XOOPSサイト構築の流れ2 〜カスタマイズ編〜に続きます。
そのうち作ります。しばしお待ち下さい。

  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信
このカテゴリの記事 掲載日 ヒット
XOOPSサイト構築の流れ2 〜カスタマイズ基本編〜
2006/8/4
59511
XOOPSサイト構築の流れ1 〜基本設定編〜
2006/7/11
55953
テーマをカスタマイズしたら・・・
2006/3/9
17255


トップへ戻る
サイト内検索
 
 
スポンサードリンク
 
XOOPS制作会社検索 - COOPS(コープス) パナセオフィシャル
Notice [PHP]: Only variable references should be returned by reference in file class/module.textsanitizer.php line 311