初心者のためのXOOPSマニュアル(当サイトは、XOOPS2.016aについての情報なので古いです。ご利用は自己責任で。)
MENU
 
お知らせ
 
運営者ブログ
ぱなぶろ
 
運営者
パナセ 折田知子
〒700-0951
岡山市北区田中167-107
TEL:086-250-1348
運営者にメールを送る


ユーザ名:

パスワード:


 
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
XOOPS2系マニュアル
> システム系 > CMSとは?
CMSとは?
投稿者: Viva 掲載日: 2005/10/25 (8652 回閲覧)

一度でも自分でサイトを作ったことがある方の中で、
サイトの更新をえらく面倒だなぁ〜と感じた方も多いのではないでしょうか?
技術も進歩して、そういうコンテンツ管理を簡単にできるソフト、というものが出てきています。
そういうソフトを総称して「CMS」と呼びます。
※シー・エム・エスと読んでいただければ結構です。(^^)

CMSも最近ではたくさん出回っています。
Wiki(ウィキ)とか。
MovableType(ムーバブル・タイプ)とか。
Xoops(ズープス)とか。

これらは、全部、誤解を恐れずザックリ言うと、CMSです。
つまり、コンテンツを簡単に管理できますよ、というソフトです。

Xoopsは、PHPというプログラミング言語で書かれてあります。
そのため、Xoopsを実行する場合にも、PHPで書いたプログラムが動作する環境が必要です。
あと、Xoopsは、WEB上で動作することが前提で作られています。
そのため、そもそも、Xoopsを動かすためには、WEBサーバーが必要です。
さらに、Xoopsは、MySQLというデータベースを使用しています。
MySQLがなければまともに動かないと思います。
(きっと)なので、Xoopsを動かすためには、MySQLも必要です。
このように、Xoopsを動かすためには、 

◆WEBサーバー 
◆PHP
◆MySQL が必要なんです。

「◆WEBサーバー」としてよく使われている(?)のが、
Apache(アパッチと読みます)というソフトです。
Xoopsを動かすために必要なソフト、
つまり、
◆Apache ◆PHP ◆MySQL
というのは、結構、色んなところで需要があるようです。

さらに、これらソフトには、バージョンによる相性の問題というのも報告されているようです。
そこで、「相性がいいやつをくっつけて、一つのパッケージにまとめちゃえ」と考える人が現れています。
こういうパッケージを、俗に「LAMP」とか「WAMP」といいます。

「LAMP」は、Linux + Apache + MySQL + Php、
「WAMP」は、Windows + Apache + MySQL + Php、です。
違いは、動作するOS(Linuxか、Windowsか)です。

さらに最近では、その派生形?または進化形?として、
「xampp」なんていうソフトが出てきていて、
その同梱ソフトの多さに惹かれて使う人もいるようです。
※他に、「xsas」とか「xaio」なんてのもあるみたいです。

でも、どっちみち、「LAMP」「WAMP」「xampp」なんていうのは、
自分で頑張ってサーバー立ち上げてみようという人でもない限り、使わないと思います。
※あっ、いや、使ってみようという方を止めたりはしません。

この辺りは、触れば触るほど、お勉強になりますので、
WEB関係のお仕事をされてるなら、やってみてもいいかも♪


  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信
このカテゴリの記事 掲載日 ヒット
mylinksのnew、upアイコンを表示させないようにするプチハック
2007/2/2
8602
標準コメントに「投稿者(ゲスト)」欄を追加する方法
2006/6/9
12772
画面が真っ白?!
2006/6/6
80195
CMSとは?
2005/10/25
8653
ローカルテスト環境の構築について
2005/8/27
17160
XoopsのDBデータ移行方法 〜ロリポップの場合〜
2005/8/27
22333
MySQL内のデータをみるには?
2005/8/27
14388


トップへ戻る
サイト内検索
 
 
スポンサードリンク
 
XOOPS制作会社検索 - COOPS(コープス) パナセオフィシャル
Notice [PHP]: Only variable references should be returned by reference in file class/module.textsanitizer.php line 311