初心者のためのXOOPSマニュアル(当サイトは、XOOPS2.016aについての情報なので古いです。ご利用は自己責任で。)
MENU
 
お知らせ
 
運営者ブログ
ぱなぶろ
 
運営者
パナセ 折田知子
〒700-0951
岡山市北区田中167-107
TEL:086-250-1348
運営者にメールを送る


ユーザ名:

パスワード:


 
XOOPS2系マニュアル

さくらレンタルサーバー : XOOPSインスール前にデータベースの設定を。
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2008/04/10 (7409 ヒット)
さくらレンタルサーバー

XOOPSインストール前に、
サーバー側でデータベースの準備をする必要があります。
ここでは、管理人おすすめのさくらのレンタルサーバーを説明します。

さくらのレンタルサーバ・ビジネス プロ

法人向け。1人でたくさんのサイトを管理している方にもおすすめ。1つのサーバーで複数のドメインを利用できます。このビジネスプランだと、複数ユーザでのFTPの管理が可能。データベースも3つ使えるし、メールの自動応答、SSLも。
さくらインターネット

125円のライトプランでは、XOOPSが利用できません。スタンダードプラン(500円/月)以上で申し込みしてください。ドメインは複数利用可能。データベースは1つ。インストール時に説頭語を変えることで複数サイトがインストールできます。


スタンダードプランの管理画面です。
左側にメニューがあります。
データベースの設定は「アプリケーションの設定」にあります。

PHPのバージョンを選択しよう!


標準PHP4になっています。
PHP5.**を選択し、「変更」をクリック


▲如璽織戞璽垢鮴瀋


ここまで設定できたら、XOOPSをインストールしていきましょう。
インストールが完了したら、↓を設定。
※インストール前でもOKかもしれません。


php.iniを設定しよう!


※以前は、文字化け対処でhtaccessを設定してもらってましたが、php.iniを設定すれば、htaccessを設定する必要はありません。
参照:画面が真っ白 コレやってみて【その4】

引用:
allow_url_fopen = off
mbstring.internal_encoding="EUC-JP"
mbstring.language= "japanese"
mbstring.encoding_translation = Off
↑をコピーして「保存する」をクリック

※1行目の allow_url_fopen = off は、protector の設定になります。


印刷用ページ 



トップへ戻る
サイト内検索
 
 
スポンサードリンク
 
XOOPS制作会社検索 - COOPS(コープス) パナセオフィシャル